肝臓の数値を知ることで健康状態が分かる|検査法は様々

沈黙の臓器は大事です

3人の女性

効果的にケアできます

ALT(GPT)、AST(GOT)の数値が高い場合、肝臓機能があまり良くないことを示しています。肝臓は、体内に入ってきた毒素を解毒する働きをしておりとても重要な臓器なのですが、別名、沈黙の臓器と呼ばれており、症状が悪化しても痛みを訴えることがないです。その為、ALT、ASTの数値で異常かどうか判断しています。ALTとは、アラニンアミノトランスフェラーゼのことで、ASTは、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼのことで、肝臓内で働いている酵素です。この酵素が、基準値である30IU/L以下かどうかを診ており、数値が基準値以上だと注意が必要です。この数値を下げて、肝臓の機能を正常化する効果的な方法としてサプリメントがあります。サプリメントには、タウリンや亜鉛等肝臓に良いものが多く含まれており、効果的にケアできます。

疲労回復力も高まります

サプリを飲むことで数値も下がり、肝臓の機能も正常化するのですが、他の効果として疲労回復力も高まります。肝臓は、サプリに含まれているオルニチンを摂取することで解毒効果を高めます。もし肝臓の機能が落ちた状態だと、毒素であるアンモニアを解毒しようとがんばるのですが、解毒しきれない為、エネルギーの基になるATPやグルコース等の物質の生成を妨げてしまい、結果として疲れやすくなってしまいます。これを俗に、肝臓疲労と呼ばれています。そこで、サプリでオルニチンを摂ることで肝臓機能を正常化させて解毒効果が高めて、アンモニアをしっかりと解毒することで、ATPやグルコースの生成量も増えて、疲労回復しやすくなるという仕組みです。